私は、ソリャ・シーラン博士じゃ。
諸君が、ここにくることはわかっておった。

さっき、オーラン・シーランから、携帯で、連絡があった。

通路は用意した。

下の扉から行ける。

そうだ、いいことを教えよう。ちょっと。てごわいぞ。

4枚目の扉を開けたら。青い涙をさがせ。

じゃーな。がmばりな。