ほんとうは(2000年7月13日)

歯科恐怖症克服への道-17-

ほんだ歯科 御内
ほんだ先生 様。

先日は、ご丁寧にメールを頂きましてありがとうございました。

差し出がましいことをしてしまったかもしれませんが、以前もメールに書いたように、大阪にきて1番嬉しかったのが「歯医者さんに通えるようになったこと」である私、ですので、せめてもの感謝の気持ち、それだけです。

・・・ほんとうは、先生へのお中元には、「日本酒なんてどうだろう?」と思ってたんです。
私は東北・福島は会津若松という酒どころの出身で、けっこう地元の酒を幼少のみぎりから愛しています。
隣接する新潟の『越の寒梅』などが全国区で人気のようですが、わが故郷の辛口吟醸酒などもなかなかのものです。
とはいえ、初めてかかる歯医者さんへのお中元が酒ではちょっとどうかな、と、無難なノンアルコールにしてしまいました。第一、先生がお酒だめだったら元も子もないですし。
かなり、いける口とお見受けしましたが?
真偽の程は、如何なものでしょう・・・。治療には無関係なことですが、いつか教えてくださいませ。

毎日鏡で確認していますが、左下奥歯はまだ2つに分かれている気がします。あと1週間で何とかふさがって欲しいです。ま、なにぶんトシですので。気長にいきます。

次回は7月19日に参ります。
宜しくお願いいたします。

このところ蒸し暑い日が続いていますが、
どうぞお気をつけてくださいませ。

追伸:私もメビウス欲しくなりました。