腫れてませんし、痛んでません!(2000年8月22日)

歯科恐怖症克服への道-20-

ほんだ歯科 御内
ほんだ先生 様。

本日は、ありがとうございました!・・・・お疲れ様でした、という感じでしょうか。
お疲れのところ夕方から、親知らず抜歯・・・。「外科手術」と先生が仰った意味が判りました。

今現在(午前0時32分)、特に腫れてはいませんし、痛んでもいません。
勿論、口をあけるとチクチクはしますが、クスリを必要とするほどでもないです。
・・・・それより、なんだかガーゼをぎゅううううううっと噛んだまま出すのを忘れてなんばまで行ってしまったので、そのせいでアゴがだるい気もします。
間抜けなわたし・・・・。

主人が、わたしが親知らずを抜いてくると言ったもので、さぞ顔を腫らして布団に横たわり、ひいひい痛がっているだろうと期待して帰ってきたのですが、フツーにテレビなぞ観ながらアイス食べてたもので「あれ?きょう、抜かなかったの?」と聞きました。
それくらい、親知らずの後はひどいっていうのが通説らしいですね。おかげさまで、体はとてもラクです。
さすがに食事はちょっとこわいので、野菜ジュースとアイスクリームにしましたけれどそれにしても、「トンカチで歯をかち割る」というのはああいうものだったんですね!
ほんとに大工さんですね。
たまたま福島の実家が、いままさに改築工事の真っ最中で、トンカチ持った大工さんが出入りしてましたが。
そんなことを思っていました。

歯医者さんって手先が器用でないといけないんですね!しかも力仕事で。
わたしがもしやったら、そのまま患者さんのアゴとか砕いてしまいそうです。

明日、消毒に午前中にまた参ります。
よろしくお願いいたします!

追伸:ゆいぞのさんは、「親指を除く4本指マッサージ」をなさっていらしたでしょ
うか?